メニュー

ピロリ菌

ピロリ菌とは

ピロリ菌とは胃の中に住み着いている細菌です

胃の中は強い酸である胃酸があるので細菌はいないと考えられてきました。

しかし1979年にウォーレンとマーシャルが胃の中にらせん状の細菌がいるのを見つけました。

ピロリ菌は自身でアルカリ性であるアンモニアを産生し胃酸を中和させることで、強い酸のある環境でも生息できたのです。

そして様々な研究の結果、ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの胃の病気に大きくかかわっていることがわかりました。

1994年にWHOは疫学調査からピロリ菌を確実な発がん物質と認定しました。除菌により胃癌の発生率が1/3に抑制され、ピロリ菌除菌に胃がん予防効果があることが、証明されています。

感染の原因

ピロリ菌の感染経路は現在でもはっきりわかっていませんが、ピロリ菌を持っている親からの口移しや汚染した井戸水を飲むことで感染するのではないかと言われています。

ピロリ菌が原因の病気

放置すると胃潰瘍や胃がんのリスクとなります

ピロリ菌に長い間感染していると慢性的な胃炎を起こします。それをH.pylori感染胃炎といいます。

胃の炎症が続くと防御する力が弱まりストレス、高塩分食、発癌物質などの影響を受けやすくなることで、胃潰瘍や胃がんにかかりやすくなります。

ほかにも胃MALTリンパ腫、免疫性血小板減少性紫斑病などの病気の原因になることがあります。

当院では除菌治療、ピロリ菌検査を行っております

検査、除菌治療のながれ

①ピロリ菌検査

胃カメラで胃炎があるかを確認し、それと同時に血液検査によりピロリ菌の検査を行います。

※除菌を保険適用で行うには胃カメラを行い、胃炎と診断する必要があります。

ピロリ菌がいることが確認されたら、②除菌に進みます。

②除菌

除菌は飲み薬の胃酸の分泌を抑える薬と抗生剤2剤を7日間服用します。

正しく薬を服用すれば除菌療法の成功率は90%といわれています。

③除菌判定検査

除菌をしてから4週間(抗体検査の場合は6週間)以上期間をあけた上でピロリ菌がいなくなったことを確認する検査を行います。

当院では便の検査でピロリ菌が除菌できたかどうかを検査しています。

もし検査でまだピロリ菌がいることが分かれば、お薬を替えて2次除菌を行います。最初の除菌が成功しなかった場合でもちきんとお薬を飲めばほとんどの場合は2次除菌で除菌できるというデータがあります。

ピロリ菌除菌後も定期的に検査を受けましょう

ピロリ菌を除菌しても、もともと感染していない人に比べると胃がんになりやすいです。

ピロリ菌を除菌した後も、定期的に胃カメラ検査を受けましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME