メニュー

総合内科

総合内科とは

総合内科では風邪やインフルエンザにはじまり、高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病、骨粗鬆症、ぜんそく、頭痛、花粉症、不眠症などの幅広い病気に対応します。

患者さんの病状経過をお伺いし、血液・尿検査、心電図、レントゲン検査、エコー検査を行うことで病気の原因を診断します。また近隣の病院と連携しCT検査を行うことも可能です。

また、必要に応じて京都第二赤十字病院や近隣の大学病院などの高次医療機関を紹介いたします。

当院では様々な内科疾患の治療経験を持つ総合内科専門医が丁寧に診療させていただきます。

何科に行けばわからない場合や体調のお悩みもお気軽にご相談ください。

よくある症状

代表的な症状の一例をまとめました。このような症状がある方は当院への受診をお勧めします。

✓熱がある

✓とにかくしんどい、元気がない

✓咳が出てとまらない

✓動悸がする

✓体がむくむ

✓息切れがする

✓手足がしびれる

✓夜間に呼吸が止まっているといわれる

✓尿が漏れる、我慢できない

✓歩きにくい

✓関節が腫れる

✓胸が痛い

✓めまいがする、貧血がある

✓眠りづらくなった

✓体重が減った

✓血圧が高い

✓夜間に頻回に排尿に行く

✓検診で異常を指摘された

対象疾患

一般的な内科疾患

かぜ、インフルエンザ、喘息、気管支炎、甲状腺・内分泌疾患、花粉症 、骨粗鬆症 など

生活習慣病

高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME