メニュー

虚血性大腸炎

虚血性大腸炎とは

虚血性大腸炎は大腸の血管が詰まったり、狭まったりすることで、大腸に血液が行き届かなくなることで起こります。

高齢の方や便秘がちの人に多いです。

お腹の左側にある下降結腸、S状結腸に起こりやすいと言われています。

原因

動脈硬化によって血管が詰まったり、狭まったりすることや便秘により腸の内圧が上がり血管が圧迫されることが原因と言われています。高血圧、糖尿病、腎臓病といった動脈硬化の誘因となる病気を持っている方や便秘がちの方は注意が必要です。

症状

急激なお腹の左側の痛みが特徴です

お腹の左側の痛み、下痢で発症します。

痛みはかなり強いもので、汗びっしょりになりトイレの上で失神したなどとおっしゃる方もいます。

そして数時間後に血便がみられます。

検査

大腸カメラで粘膜の縦に走るただれ、潰瘍といった特徴的な所見が見られます。

大腸カメラ

大腸を観察しポリープ、がん、炎症などの病気を診断する検査です。

大腸カメラについて詳しく

治療

通常、虚血性大腸炎は数日程度で症状が改善されることが多いため、自宅で安静にすることで軽快する場合もあります。入院が必要になる場合もあります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME