メニュー

過敏性腸症候群の原因となる食事とは?

過敏性腸症候群の原因となる食事

普段皆さんがよく口にする体によさそうなある食べ物が過敏性腸症候群を悪化させることが近年の研究でわかってきました。

それがFODMAP食です。

FODMAPは発酵性の物質の頭文字をとったもので、中にはオリゴ糖、二糖類、単糖類、ポリオールが含まれます。

それらを含む代表的な食品を紹介します。

オリゴ糖:レンズ豆、 ヒヨコ豆、小麦、玉ねぎ、納豆、キムチ

二糖類:果物、はちみつ

単糖類:牛乳、ヨーグルト

ポリオール:マッシュルーム、キシリトール(人工甘味料)

つまり、今まで「腸活」と言うように腸にいいと考えられてきた食べ物が逆効果になることがあるということです。

低FODMAP食、高FODMAP食

過敏性腸症候群の方やなんとなくお腹の調子が悪い人は一度低FODMAP食を実践してみるのもいいかもしれません。

  低FODMAP食 ×高FODMAP食
穀物 米、玄米、そば 大麦、小麦、ライ麦、トウモロコシ
野菜、イモ トマト、ニンジン、ナス、ピーマン、ホウレンソウ、ジャガイモ アスパラガス、豆類、セロリ、サツマイモ、玉ねぎ、にんにく、カリフラワー、キノコ
タンパク質を含む食品 牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、卵、ハム、ベーコン、木綿豆腐 ソーセージ、絹ごし豆腐、豆乳
ナッツ類

アーモンド、ヘーゼルナッツ(10粒まで)

アーモンド(20粒以上)、カシューナッツ、ピスタチオ
調味料 塩、味噌、醤油、メープルシロップ はちみつ、トマトケチャップ、ソルビトールなどの人工甘味料
乳製品 バター、マーガリン、カマンベールチーズ、パルメザンチーズ 牛乳、ヨーグルト、プロセスチーズ、クリームチーズ
果物 バナナ、イチゴ、ブドウ、レモン、オレンジ リンゴ、桃、梨、グレープフルーツ、アボカド、ドライフルーツ

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME