メニュー

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome SAS)とは寝ている間に何度も呼吸が止まってしまう病気です。

肥満の大きないびきをかく人に多くい病気で、いびきの間に無呼吸や低呼吸を起こし、それを繰り返します。

その無呼吸や低呼吸が1時間に5回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群はただ呼吸が止まってしまうだけの病気ではなく、血管や心臓、脳に負担をかけ高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞を発症する危険性が高まってしまうことが分かっています。

そしてきちんとした治療をすることで、長生きすることができることも分かっています。

この病気はいびき以外の自覚症状がない方も多く、自分では気づきにくい病気です。

家族の方にいびきが大きい、いびきをかいていると思ったら数十秒ほど呼吸が止まっていると言われる方は睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

そのような症状を自覚、ご家族に指摘された方は医療機関にかかられることをお勧めします。

症状

【主な症状】

・いびきをかく

・日中の強い眠気

・倦怠感、頭重感

・何度もトイレに起きる

・寝汗をかく、寝相が悪い

・集中力・記憶力の低下

睡眠時無呼吸症候群の方は呼吸が止まってしまうため深い眠りにつくことができません。

そのため昼間に睡魔に襲われる、注意散漫になるといった症状を引き起こします。

この眠気はかなり強い方もおられるようで、居眠り運転の原因となり、過去に社会問題となりました。

SASネットのホームページで症状の簡易診断ができます。

原因

睡眠時無呼吸症候群には閉塞性と中枢性がありますが、閉塞性が患者さんの大半を占めます。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は気道を狭くなることで、症状を引き起こします。

人間は仰向けで寝ると重力により気道が狭くなります。また睡眠という状態では筋の緊張も緩んでしまいます。

さらに閉塞性睡眠時無呼吸症候群の方は高齢で筋力が弱い、肥満で脂肪が気道を圧迫してしまう、扁桃が大きいなどの理由により慢性的に気道が狭くなりいびきを生じさせます。そして完全に塞がってしまうことで無呼吸となります。

中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSAS)

睡眠中に何らかの原因により呼吸中枢の働きが低下し、無呼吸となります。

検査

簡易検査

呼吸や血中の酸素の状態(SpO2)を測定する機械をご自宅で睡眠時に装着していただきます。

検査の結果はAHI(無呼吸低呼吸指数)という数値で表され、AHIが40以上で、眠気などの症状が明らかな場合保険診療でCPAP治療を行うことができます。
(当院では簡易検査のみ行っています)

ポリソムノグラフィー(PSG)検査という専門機関で詳しく調べる検査もあります。

治療

CPAP(持続陽圧呼吸療法)

機密性の高いマスクで鼻を覆い、その中に空気を送ります。この空気の圧によりのどが広がり、呼吸が維持されます。

CPAP治療は効果は即効ですが、めがねのように治療器を使用していなければ無呼吸がなくならず効果はありません。

また装着しながら寝るのに違和感があるとおっしゃる患者さんが多いです。しかしそれは数か月ほどで慣れるようです。

その他、マウスピースや手術による治療もあります。

生活習慣の改善をしましょう

生活習慣の改善だけで睡眠時無呼吸症候群を直すことは難しいですが、CPAP治療と合わせて行うことで軽減する効果はあります。

減量

睡眠時無呼吸症候群は肥満が原因となっていることが多いです。肥満が原因で睡眠時無呼吸症候群になっている方は減量がおすすめです。

横向きに寝る

重力の影響を受けにくくなるので、横向きに寝ることを心がけると一定の効果は期待されます。

アルコール

アルコールは筋肉を弛緩させる効果があります。そのため気道の閉塞を助長してしまいます。

ちなみに同様の理由でベンゾジアゼピン系睡眠薬も睡眠時無呼吸症候群を増悪させます。

まずは検査を受けましょう

CPAPの治療を行うためにはまず簡易検査を行うことが必須です。

ご家族にいびきが大きいと言われた、昼間に強い眠気を感じている方は当院で検査を受けてみることをお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME