メニュー

食道カンジダ

食道カンジダとは

カンジダというカビ(真菌)が食道に感染して炎症を起こす病気です。

食道の感染症の中でもっとも頻度の高い病気です。

原因

カンジダは口や消化管に存在する常在菌で正常は自分の免疫力によって増殖を抑えています。

しかしステロイド剤の使用、HIV感染などで免疫が低下している方は増殖を抑えることができず、食道に炎症を起こします。

また抗菌薬を長期に服用していると、細菌叢の変化でカンジダが増殖し、発症することもあります。

症状

食べ物を飲み込みづらい、飲み込むときに痛いなどの症状を起こします。

検査

胃カメラで食道粘膜に白い病変があることを確認します。

胃カメラで検体を採取し、培養検査をすることで診断されます。

胃カメラ

食道・胃・十二指腸を観察し胃潰瘍、胃癌、逆流性食道炎などの病気を診断する検査です。

当院では吐き気や挿入時のつらさが少ない鼻から挿入する胃カメラ(経鼻内視鏡検査)を行っています。

胃カメラについて詳しく

治療

真菌に効くお薬で治療を行います。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME