メニュー

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは

食道裂孔ヘルニアは本来、腹部にある胃が横隔膜を超えて胸部に飛び出てしまった状態のことをいいます。

胃食道逆流症・逆流性食道炎を合併することが多いです。

原因

大半は腹圧が上がって胃が押し上げられることで起こります。腹圧は肥満、妊娠など様々な原因で起こります。

また高齢の女性に起こるものは脊椎の圧迫骨折により変形し起こります。

症状

食道裂孔ヘルニア自体は症状を起こすことはあまりありません。胃食道逆流症を合併すると食後の胸やけや酸っぱいゲップが出るなどの症状を引き起こします。

検査

胃カメラで直接胃と食道の接合部の位置を確認することで診断することができます。

また合併しやすい胃食道逆流症があるかどうかも見ることができます。

胃カメラ

食道・胃・十二指腸を観察し胃潰瘍、胃癌、逆流性食道炎などの病気を診断する検査です。

当院では吐き気や挿入時のつらさが少ない鼻から挿入する胃カメラ(経鼻内視鏡検査)を行っています。

胃カメラについて詳しく

治療

無症状な場合は治療の必要はありません。

胃食道逆流症を合併している場合は生活、食事の改善、お薬の治療を行います。

胃や食道が締め付けられすぎる場合やお薬の治療で改善が見られない場合は手術をすることもあります。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME